医学部予備校は福岡・長崎・熊本・鹿児島のPMDへ

広島女学院高等学校

 

 

◆高校概略

1886年創立。船乗りを目指していた砂本貞吉がイギリスへ渡る途中、寄稿したサンフランシスコで聖書とキリスト教に出会う。後に牧師となり、塾を始めた。その後、アメリカの女性宣教師N.B.ゲーンスが学園を育てた。中国地方では最も歴史のあるミッションスクール。中高一貫教育の女子高。2006年、長年の平和活動が評価され、学校法人としては初の谷本清平和賞を受賞。

 

◆教育理念

1.他者のために祈る~思いやりのこころを持つということ~

聖書の教えを「建学の精神」とする本校では、「他者のために心から祈り行動する思いやりのこころ」(隣人愛)を育てたいと考えています。思いやる心とは自身を正しく受け入れ、他者をかけがえのない存在として受け止める感性を磨くことでもあります。それは国際化社会を生きる上で、何より大切なこと。人とつながって生きている喜びを知る、確かな鍵なのです。

2.自分らしさを知る~自分自身を表現できるということ~

多感な時期をともに過ごす友人は、自分を映し出す鏡となります。高い目標を持った仲間に囲まれると、おのずと高い意識が芽生え、自ら考え、行動できるようになります。これがまさに「生きる力」です。机上の勉強だけでなく、懸命に生きる他者との出会いを通して、互いに認め合い、自分らしく生きていくための人間力を、確かなものにします。

3.自己を確立させる~リーダーシップを持つということ~

グローバル化がめざましい勢いで進む現代社会では、国籍や人種、宗教などにとらわれることなく、世界を視野に入れたリーダーシップが求められています。本校では、世界各国で起きている問題に目を向け、多種多様な価値観の人と関わっていくことで、知性と柔軟性を兼ね備えた、真のリーダーシップを発揮できる女性を育てたいと考えています。

 

◆広島女学院高等学校_WEBサイト

学校紹介

お知らせ

入試情報

 

◆基本情報

名称

広島女学院中学高等学校

住所

〒730-0014 広島市中区上幟町11-32
Tel:082-228-4131 Fax:082-227-5376

  • 広島駅下車 徒歩 約12分
  • 広島バスセンター下車 徒歩 約16分
※広島女学院高等学校HPより引用