医学部予備校は福岡・長崎・熊本・鹿児島のPMDへ

43、動機づけ

ブログ記事一覧

 

動機づけをすることは学習において大事だということは広く知られていますが。しかし、この動機付けは、その内容があまりしょぼいと熱がすぐ覚めてしまいます。自分のやる気を維持するにはそれなりの動機である必要があるのです。皆さん医歯薬に進む動機は一つか二つ大きなものを考えるでしょう。しかし、それだけでなく、自分の取り組む教科について、それぞれ、志望に関連した理由づけをするのが良いと思います。

 

どうして、このようなことを言うのかというと、みなさん、基本的に理系に属して勉強するのですが、今、勉強していることに医学的な要素はほぼないので、その事実がモチベーションにマイナスに作用しかねません。これを、できる限り防ぐために先ほどの理由を立てるのです。

 

あまり難しいことを考える必要もなく、それらしい動機で良いのです。例えば、国語を勉強するのは、人の心をわかるため、患者さんに伝える表現力を鍛えるためだとかというように、もっともらしい理由をつける事が大事です。

 

 もう一つ、現在している勉強は、大学でどれほど役に立つかと言われれば、ハッキリ言って、苦笑いするようなくらいですが、全国の医学生、医師はこれを甘んじて受け入れて合格してきたのです。一種の通過儀礼だと思って、一心不乱に取り組む人に勝利の女神は微笑みます。そう割り切ることでモチベーションへの影響は最小限にとどめます。